THIS IS YOUR LIFE.

この間、

とあるショッピングセンターでこんなポスターを見つけました。

THIS IS YOUR LIFE.

「これはあなたの人生です」

こんな言葉からはじまる。

調べてみると、

このポスター、エコデザインベンチャー企業 Holstee 社のマニフェストなんだとか。

あえて訳はのせません。

なんだかね、

わたしは思うのだけれど、

英語には英語でしか表せない言葉の強さがあって、

それが言葉の意味さえも

変えてしまうようなところがあるんじゃないかな、と。

好きなのはこの一文。

IF YOU ARE LOOKING FOR THE LOVE OF YOUR LIFE, STOP;
THEY WILL BE WAITING FOR YOU WHEN YOU START DOING THINGS YOU LOVE.

探さなくていい。

好きなことを始めれば、

好きなものはできるんだと。

すこし分かる気がする。

探しているときって、ひとつの場所に目が行き過ぎていて、

広く見れなくなっていたりするから。

結果、なにも見つからなかったり。

あとよくあるなと思うのは、

一生懸命、右を掘っていたけれど何も見つからないとき、

その一生懸命さが大きければ大きいほど、

その方向を諦めたとき、

あれほど時間をかけて掘っても見つからなかったのに、

ふと左側に向き直ると

左側からひょいっと出てきたりとか。

なんだかもう笑ってしまうよね。

でもわたしは、

見つからない、見つからないって焦ったり、苦しい気持ちになったり

絶望したり…。

そんな気持ちを通り過ぎることも大事なんだと思う。

どーんとかまえて待っていられたらそれはそれは素敵だけれど、

なかなか難しいのが現実。

間違った方向にエネルギーを使っていたことに気づいたとき、

自分がばかばかしく思えるけれど、

それも、というか

それこそ

生きてるってことのような気がするんです。

だから、

たくさんのメッセージがこめられたこのポスターのなかで、

何より好きな一文は、

やっぱり、

「THIS IS YOUR LIFE.」

かな。

わたしはたくさん迷うけれど、

そんなとき言われたい。

「これはあなたの人生よ」って。

場合によっては冷たく感じちゃうかもしれないけれど。

そしてわたしは言いたい。

「これはわたしの人生です」

って。

責任を持ちたい。

そんなふうに言い切れるほど、

自分の人生を自分のものとしたい。

ちゃんと、人生の真ん中に自分が存在しているように。

好きなもの、好きな人、好きになれそうな人…。

探すなと言われているたくさんのものを探している自分。

それは、生き方としてかっこよくはなくて、

ポスターに飾ることのできるようなものではないけれど、

でも、

「これはわたしの人生だから」。

前を向き、

焦って悩んで頭いっぱいになることばかりでも、

やれることをやりきって、

自分で舵をきって進んでいきたい、と思う。

「THIS IS MY LIFE.」

そう言い切れるような人生にしたいから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする