転職してネックに感じていること/平日休みという生活/”それ”は本当に幸せを妨げるものなのか?/

わたし、24歳OLのスペックは現在こんなかんじ↓なのですが

・平日休み

・正社員事務職

・額面年収282万円(住宅補助などこみこみで)+残業代

いちばんネックに感じていることが

平日休み

ってことです。

そのため人と予定が合わず、

基本的には土日にわたしが働いたあと会う or

相手が働いたあと全休のわたしが会いにいく

のどっちかになるんですね。

さらに言うと、

わけあって職場で平日休みなのはわたしだけ…。

つまり、職場の人と仲良くなれたら別に遊ぶ相手に困らないじゃん、

ということにはならないんです。

じゃあどうしてこの働き方を選んだか

というと、

それは前職では店舗勤務しか経験していない+

第二新卒でそもそものスキルがなにもない

という自分だったから、

条件面で妥協しないかぎり職がないのではと思ったからです。

正直、消極的な選択でした。

だから、数ヶ月たって、やっぱり土日休みだったらよかった…

と今でも思ってしまいます。

また、社内でこういう働き方をしているのがわたしだけということも手伝って、

なんとなく、

あの子かわいそうって思われているんじゃないか…

変な子だなって思われているんじゃないか…

そんなネガティブな、ともすれば自意識過剰ともいえるようなことを

勝手に妄想してしまうんですよね。

たしかに、友だちと予定があわない、

社内の人とも仲良くなれない(なっても予定が合わない)

それは事実ですが、

冷静になって、

ほんとうにそのことが、自分の生活を豊かにできない原因のすべてなのか?

なりたい自分になれない原因のすべてなのか?

そう問いかけてみると、違うかもしれない…

そう気づくときがあって。

今までの友だちに固執していればたしかに予定が合わない人ばかりですが、

ならば新しく予定が合う、平日休みの友だちを作ればいいんじゃないか

とすごく単純な発想に出会いました。

まわりに平日休みの人はいま、まったくいません。

でも世間を見渡してみれば、星の数ほどいるはず。

彼氏をつくるにしたって、

平日休みの街コンとか検索すればたくさん出てくるんです。

チャンスはたくさん転がってるじゃんってそう気づくと、

気持ちもすこしだけ晴れてきました。

土日休みに変わりたい…

その願望はたしかにずっとあります。

でも現状そうでないなら、

土日休みの仕事にかわるか、

平日休みを楽しめる自分になるか

ふたつにひとつしかありません。

わたし自身、いまの仕事が嫌いではないし、

今の会社で行きたい部署やポジションがあるし、

転職して間もないということもあるので

土日休みの仕事に変わるという選択肢はとれない。

だったら、自分を変えるしかないんです。

自分のまわりの環境に、

“こう”だからわたしは幸せになれないんだ!と原因をおしつけるのは簡単ですが、

ほんとうにその環境が変わってくれたら幸せになれるのか、

冷静に考えるとそうじゃないかも…って思うことはけっこうあると思うんですね。

まずは自分から変わってみないと仕方ないんです。

考え方を変えて自分が動いてみたら

周りも動くものは動くし、

自分の変化に気づいてくれた人がなにか働きかけてくれるかもしれない。

だからわたしは、平日休みをネックに感じながらも、

この生活を充実させるために自分から動き出さなきゃなと思っています。

100%望まれた環境にいる人ってまずいないと思うけれど、

不満のある場所にいたとして、

愚痴や不満ばかり言っているのと、

変えるためにどうしようと考えて行動できる人は、

やっぱりその先に待っているものも変わってくるんじゃないかなとわたしは思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする