【転職】試用期間を折り返したいま、思うこと

ちょっと前に、

本だか

雑誌だか

ブログだか

なにかで、

こんな文章を読みました。

みそ汁が飲みたい、と思ってスタバに行く人はいない。

でも、ふらふらしていると、

みそ汁が飲みたかったはずなのに、

スタバに行っている人生になる。

ちょっとの選択が、積み重なっていって、

毎日ってできている。

行きたい方向と1°傾き、

2°傾き、

3°傾き、

・・・・・・

気がつけば180°変わっていて、

反対方向にいることもあるのかもしれないなって。

なぜ、そんなことを改めて思い出したのかというと、

今日、

会社の上司から、

ありすがわが今、試用期間であること、

そしてそれは

ありすがわ自身が、

思っていた会社や環境と違う、という判断を下せば、方向修正できる

(つまり、やっぱりここで働くことをやめる)

期間であるということを伝えられたから。

わたしはなんとなく、

10代後半から今まで、自分の欲求を汲み取ることに対して、

一生懸命にならずにきたような気がします。

それは、たぶん周りの人の期待に応えたい、

もっというと、

裏切りたくない、

がっかりさせたくない、

そんな気持ちが人より大きかったからだと思うんです。

でもそんな日々を重ねた結果、

わたしは頻繁に、

「味噌汁が飲みたかったのにスタバに行ってしまう現象」を起こしているような気がします。

いや、これは実感を伴ってそう思うんです。

そして、このままではいけない、と強く感じている。

ちゃんと、願うほうへ歩ける自分でありたい、とも。

正直、転職先がこの会社で正しいのか、わたしには分かりません。

だって未来は見えないから。

3年後、何をしているのか。

ここにいるのか、いないのか。

それはわからない。

わたしのもっとも大きな夢は

作家となり、

物語をつくる人として有名になること、

そして何より心に残る作品をつくる作家であること、です。

それだけはきちんと言葉にできる。

→(だから)わたしは物語を書き、文学賞に応募したり、

こうやってブログを書いてみたりする。

この、→の方向は、間違っていないと思うことはたやすいと思う。

すごく真っ当な道からトライしている、とわたし自身も思えています。

じゃあ、会社員として、向かいたい方向はどこなのだろう?

そう考えると、まだ2年目のわたしには、すべてがぼやけていて、

そもそもゴールを立てられていないことに気づいた。

だから、みそ汁が飲みたいのにスタバに行っちゃうような気がして、

不安になってしまうんです。

ただ、ひとつだけわかること。

転職先の会社は、社会人として、

仕事人として、

参考にすべき人、できる人がたくさんいる。

未来の、社会人としてのわたしが、そんなふうでいてくれたらな、って思うことができる。

だったら、ここにいて間違いではないのではないかと、

そう判断をしました。

自分の気持ちに従うって難しいな、って最近はすごく思います。

別にしがらみがあるわけでもないのに。

だけど、気持ちをつかむのって、

自分の人生を自分自身で歩むために、

絶対に必要なこと。

少なくともわたしはそう思います。

試用期間も折り返し。

仕事を選ぶって、難しいな。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする