学歴と、婚活と。

婚活をすると、

プロフィールって必ず出会います。

自分が書く、と言う意味でも、

相手の、と言う意味でも。

プロフィールってほとんど条件みたいなものです。

そしてわたしは不動産会社にいるせいか、

物件の情報みたいに見えてくる瞬間があります。

駅からは近いけど、

部屋がせまいとか

家賃が高いとか。

でも、どんな人でも、譲れない点ってあると思います。

譲れないとはいかなくとも

どうしても気になってしまう点とか。

ありすがわは、それまでほとんど意識的には思っていなかったのですが、

意外と男性の学歴を見てしまうことに気づきました。

年収以上に、です。

正直、年収の方が気にすべきところだと思います、自分でも。

でもなぜか、わたしは学歴を見てしまう。

不思議です。

どうしてだろう…、考えて思ったことは、

学歴にはその人の時間の使い方が現れる気がするからじゃないかな、ということです。

わたしもそこそこ勉強をし、

受験をし、

第1希望の大学には受からなかったけれど、

早慶のひとつ下くらいの大学に入りました。

たくさんの時間を問題とともに過ごしました。

その中で、

勉強することの苦しさ、

そして時々訪れる爽快感や達成感など

いろんな感情を得ました。

わたしはその時間の使い方を、

「よかった」と思っていて、

相手にも、その気持ちを知っていてほしいような、そんな気がするんだと思います。

だからありすがわは、婚活のとき、女性にしては珍しく(?)

プロフィールを書いて、と言われたら

大学名も書きます。

めちゃくちゃいい大学をでているわけではないけれど、

学ぶことで生まれる、

いろんな気持ちの波を、わたしも知っている、

それを表すという意味をこめて。

先日婚活サイトで知り合った男性と会ってきました。

婚活サイトには顔写真ものせず、

言葉によるプロフィールだけ。

その日、

「どうして会ってみようと思ったんですか?」

と聞いてみると、

そのひとつに

・ちゃんとした大学を出ていたから

という答えがありました。

そしてメールのやりとりの中でも、

ちゃんと勉強してきたんだろうなと思えた、とその男性は言いました。

人は生きていたら

いくらかいろんなことに挑戦します。

失敗することも多々ある。

でも形として残らなくても、

香りみたいに、挑んだことをきちんと自分の中に残している人もいます。

学歴も、そうであるべきなんだと思う。

学歴と人間性も、仕事ができるかどうかも、

あんまり関係はないかもしれない。

だけれど、学んできた過程や、学んできたことそのものを、

自分の中で重ねていける人は、やっぱり魅力的なんじゃないでしょうか。

ありすがわも、そうでありたいなぁと思います。

なにで、自分を表すか。

意外と、難しい問題ですね。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする