社会人になると、自分の年収と差がある友だちとはあまり会わなくなるという事実。

1月から会社の給与形態が変わり、

月額2万円お給料が増えることになりました。

棚からぼたもち的な感じです。

わたしはいま、一般職という区分です。

いまどき珍しいのかな、総合職・一般職っていう区分がある会社って。

総合職に比べるとだいぶお給料は少ないですが、

定時で帰れます。

帰ってからブログ書いたり、

簿記の勉強したりできるので、いまの自分にはあっていると思います。

でも、いずれは、総合職に戻りたいと思ってしまうんですよね。

やりがいみたいなものがほしいし、

やっぱりお給料もあげたいから。

社会人になると、いろんなところで、相手の年収とか、金銭的な事情が見えてきます。

たとえば年収200万なら海外旅行に一緒に行ったりはできないだろうし、

ランチに行く回数も限られてくるでしょう。

金銭感覚の違いで、友だちが減ることもあります。

今まで付き合ってきた友だちが急にあわなくなることもあったり。

男女だったら、むしろ差があるくらいのほうがうまくいくのかもしれないけれど、

女同士で、比べるのが好きな人だったりすると、

低いことで妬んだり、

高いことで鼻にかけたり。。。

学生のときみたいに、相手のステータスみたいなものを気にせず気が合うから付き合うみたいなことがどんどんなくなっていくんですよね。

できなくなっていく、というべきか。。。

なんだかそれが、すごく悲しいなって思ってしまうときがあって。

まあ、仕方ないと言われたらそうなのかもしれませんが。

お金がある・ないで生活がかわっていくのは当然のことだし、

生活がかわっていけば、当然のように付き合う人も変わっていく。

そう受け止めるしかないのかもしれません。

さみしいかもしれないけれど、

自分の経験からみても、

金銭的なレベルが合うってことは、社会人になってからの友だち関係では、

すごく大事な条件であることは間違いないと思います。

学生時代からの友人で、お給料のいい会社に入った子がいるのですが、

会うたびにお給料の自慢をされるので

年収200万円台のわたしはなんだかついていけなくなったというか、

自分のみじめさを無理やり日の当たるところに引っぱりだそうとされているみたいで、

気がつくと理由をつけて会わなくなっていったことがあります。

ときどき元気かな?って思い出すことはあるんですけどね。

お給料って自分の生活だけでなく人間関係にも影響を及ぼすんだなって思うと

すごく怖い。。。

お金によって、人は変われるのか変えられてしまうのか、

うーん。どっちなんだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする