目標のある社会人って少数派なのかも。

こないだ同年代の、20代の女性とランチに行ったときのこと。

その方は2つ年上なのですが、20歳から働いているから社会人歴は7年目。

社会人としてはだいぶ先輩です。

恋愛とか結婚の話をした後、

仕事の話になったときに

わたしが自分の目標というか、やりたいことを話すと、

「ちゃんとやりたいことがあるってすごいね」って言われて、

なんだか不思議な気持ちでした。

だって、仕事で目標がないって、

一日8時間くらいは嫌でも仕事に拘束されるのに

そっちの方が苦しくないかなって思うんですよね。

でも、

「けっこうお金がもらえたらそれでいいって人も多いよ」

ってことらしいのです。

正直、そうなんだ……!って感じでした。

もしかしたらわたしって、

こういう仕事がしたい。

こういうふうに必要とされたい。

こういうことができるようになりたい。

そんなことをたくさん思い描いて、周りの人にも語っていて、

珍しいのかも……っていう気持ちと同時に、

なんか暑苦しい奴だなって思われてやしないかと不安にもなったり。

ただ、考えてみれば、それもこれまでの環境とかによる部分が大きいのかもなって思います。

中学時代は部活をがんばったり、

高校時代は志望校合格に向けて一生懸命努力したり、

何か目標をもって過ごすことが単純に好きなのかもしれません。

何が要因でそうなったかは分からないけれど。

大学時代は逆に目標が持てなくて、

やりたいこともなかなか見つからなくて、

正直、毎日にあんまり意味も見いだせなかった。

その日々は、たとえ周りの人たちに恵まれていたとしても、

なんだか物足りなかった気がします。

やっぱりわたしは、追い求める何かを常に持っていたい。

そういえば、わたしはけっこう占いが好きで、

自分の星座、「射手座」についてもいろいろ調べたりしているのですが、

射手座ってハンター気質らしいです・笑

そういう部分が、「目標をもっていたい」って気持ちに現れているのかも

なんて思ったり。

友だちに年上が多いせいか、

話していると結婚の話になることもしばしば。

でもみんな同時に働くことについても、

どうしようかって本気で悩んでいる。

プライベートと仕事の両立。

いつの時代も難題です。

わたしはどんなに大金持ちと結婚しても、

なんらかの形で、自分でもお金を生みたいなって思います。

きっとそうやって働くうちに、結局、

こうなりたい。

こうしたい。

って気持ちが芽生えて、理想に近づけるために動き出したくなっちゃうと思うけれど。

わたしの母親は働きながらわたしを育てていて、

子どもだった頃はぜんぜん分からなかったけれど、

今になってなんてスーパー大変なことをやりとげていたんだろう

と思います。

なりたい姿になる。

すごく大変なことだけれど、

ぼんやり生きていくくらいなら、

ちょっとばっかし必死になって、乱れてみるのも悪くないんじゃないかなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする