何もしなかった恋は失恋なのか。

恋をしているかもしれない。

ときどき、そう思う瞬間がある。

たいてい、あ。いいな。って思う人がいるときはいつも、

好き「かもしれない」

気になっている「かもしれない」

ってなんとなく濁している。

そういう話をする仲間内に対しても、自分に対しても。

でも、「かもしれない」は

ほとんど「そう」なんだと思う。

経験上、絶望的に、ほんとうにまだ分からないって状態はほとんどない。

かなしいけれど。

なんで悲しいのだろうと考えたら、

恋をしたら、してしまったら、

はじまるか・おわるかしかないから。

二者択一。

それは究極的すぎて、かなしい。

むかし、「言えなかった気持ちは、どこへ行くのだろう」

みたいなキャッチコピーがあった。

そのときから、ずっと考えてる。

思いを、心の中だけにとどめていて、

自然に薄れていったとしたら、

それは失恋なのかなぁってことを。

最近すこしだけ、恋の兆しがあるけれど、

ほとんど同時くらいに、失恋の兆しがある。

気になっている「かもしれない」って言葉にしてしまったら、

「かもしれない」なんて、

ごまかしてるだけだなぁと自分で気づいてしまった。

その人のことを、なんとなく考える。

どんな恋をする人なんだろう。

どんな恋をしてきたんだろう。

恋人はいるのかな。

考えるうちに、

当たり前に頭のなかがその人で埋め尽くされていく。

そして、考えれば考えるほど、

なんだかその人はすでに、別のあたたかさを持っているような予感がしてきたり。

いろんな情報を拾って肉付けしていくと、

もうほとんどそれは正解としか言えないくらいに現実味を増してきて、

きっと失う恋だ、これは、だから深入りしないようにと、

自分に言い聞かせてみたりしている。

わたしはあんまり、自分が恋をした数って数えたことがない。

自分の気持ちに鈍感すぎて数えられないのかもしれないけれど。

でも、確実に恋だったのに、自分ひとりで消化してしまったことがあって、

そのときの記憶や日々だけは忘れることができない。

なんだかその日々を思い出して、思うのは、

失恋のほんとの終わりは、恋を失うことじゃなくて、

その人を好きだった自分を「きちんと」失うことなのかな、と。

そういう意味では、言えなかった恋は、なかなか「自分」を失えない。

いつまでもしつこく残っている。

出さなかったんだから、残っているのは当たり前なんだけど。

あのとき、きちんと失恋しておけばよかったじゃなく、

今になって、きちんと失恋「したかった」なに変わってきた。

はじまるためには、

そのひとつ前の、手前の終わり方がきちんとしてないとダメなんだよなぁ。

中途半端に、「次」は始まってくれないし。

そういえば、こないだ友人に、気になっている人がいる、そう伝えたら、

既婚者かどうか確かめないと、と強く言われた。

そういうご時世だもんね〜なんて笑っていたけれど、

そういう年齢だからか、と気づくと自分の年の把握してなさにびっくりした。

なぜだかぜんぜん、結婚適齢期にいるってことを頭でわかっていても、

体と心がその感覚を得てくれなくて。

25歳になったら焦り出すって言われたことがあるけれど、

ほんとうにそうなんでしょうかね…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする