3ヵ月間、婚活をお休みしてみようと思います。

去年の夏あたりから婚活らしきもの

(恋活なのかもしれない)

とにかく、恋人をつくろう、ほしい!

と思って色々やってはみたものの結果が出ず、

気がつけば8ヵ月が過ぎていました。

行動したことで、新しい世界の扉が開いたり、

意外と行動力あるかも、わたし?みたいな発見ができたり

楽しい時間もありました。

あとは、スケジュールがちゃんと埋まる安心もありました。

地方民からすると、会う人がいない週末って、

なんだか仕事詰めな日々よりも精神的に参ったりするものなんです。

しかし、そうやって

いろんな人と会ってみたり出会うことを目的とした活動をしてみたり、

今までの真逆を行くかのごとく活動してきた結果、

最近少し疲れ始めているのも事実です。

わたしはたくさんの人と交流したいわけじゃないんです。

心の内を話せるような、話したいなって思えるような

濃い関係がほしいだけ。

だけっていうと、小さな欲だと言っているようにも聞こえますが、

まあ、これが難しくて。

実は大きな欲なのかもしれないけれど。

ここ最近、あ〜うまくいかないなってそんな気持ちが重なっていき、

だんだん何もかもが面倒になっている自分に気づいてしまいました。

そして、この状態のまま、よいものを引き寄せられるのかと考えたときに

いまは少しお休みして、少し充電した方がいいな、

そういう気持ちに至りました。

焦ってばかりでは、何かほんとうに大事なものと出会う機会を逆に失ってしまう気がしたんです。

こころに余裕がないときって、

そういう状況になりがちだなってことは24年生きてきて学びました笑

ゆったり構えることは大事なことですよね。

せかせかしている人に、なかなか幸せって巡ってこない気がします。

最近、24歳って若いのかなってことをよく考えます。

23歳のときは、若いってことに少しの疑いも持っていなかったのに。

どうでもいいけれど、

23って奇数だからか、不安定な感じがしませんか??

なんだかその不安定さが、若者のゆらぎみたいなものとリンクして、

若いな〜というか、

青いな〜みたいなそんなイメージがあります。

個人的な感想だけれど。

でも、24って、なんかこう、すごくすっ、てしてるんですよね。

偶数だからかもしれない笑

なんだか、23の不安定さが一気になくなっている気がするんです。

確立されているというか。

そういう印象からか、人生90年時代から考えると24だなんて若いに決まっているけれど、

でも、ふらふらしていてはいけない年になってきたなって思います。

…と、言いつつ、24のわたしはまだふらふらしています。

定職は一応あるけれどやりたいこととはまだ距離があって、

結婚したいけれどまだ相手は見つかっていない。

スタートを切れないもやもや。

そして、それでも時間は過ぎていって、

気がつけば後輩ができて。

こないだ23歳の、同じ会社の人が、

婚活しなきゃと意気込んでいて、

理由を聞くと若さっていう最大の武器は今しかないって言ってたんですね。

確かにそうだなと、その冷静さにびっくりしました。

時間だけはほんとうに、だれにとっても平等なもの。

だからこそ、休んでいる場合なのかと思ったりもするけれど、

この3ヵ月間、勉強したりインプットの時間をとったり自分を”更新”することに使って、

それからまた婚活をリスタートさせようと思います。

たぶん今は、婚活する自分に値しない自分、みたいな状態なんですね。

以前書いた、「ほぼ日のコラム、「自分になる訓練」を読んだ感想/そのエッセイに青春シンフォニーの歌詞が出てきていました!/

の記事でいう、自分未満、みたいなことです。

もちろん、お休みしますとは言っても、誘われれば飲み会くらいは行きますし、

正直そういう飲み会でも、いい人いないかな〜くらいの淡い期待は持っていくと思います笑

もしその期待通りのことがあれば拒むことはないですが、

”積極的に、自分から活動して”、ということはお休みして、

3ヵ月間、自分を更新できるように、別の意味でがんばってみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする