ちょっと性格悪いくらいが、幸せになれるよ、ってことを私なりに考えて。

少し前に、

「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」

っていう西原理恵子さんの本のレビューを書きました。

その本のさいごらへんに、

ちょっと性格悪いくらいが、幸せになれるよ的なことが書いてあって、

最近、そのことについてよく考えます。

自分で、自分のこと、わたしは性格いいだろうか、悪いだろうか、考えると、

表面上は、いい人を演じてきたし、

そう思われるように行動を選んできたような気がするんです。今まで。

それは、けして誰かに強制されてきたことじゃないんだけれど、

結果として、本に書いてある通り、いい人であることを一生懸命に選び、大切にしてきたって、幸せにはなれなかった。

それを、何度も感じてきて、ああ、もうやめよう。そう思い始めてきました。

こんな言葉にも最近出会いました。

あなたが犠牲になって幸せになる人よりも、

あなたが幸せになって幸せになる人の方が多い。

わたしの選択はたぶんまちがっていたんだ。

そう思い始めて、信じ始めて、

わざわざ自分が苦しくなる選択を、だれかのためにとることなんてもうやめよう。

そう思ったんですよね。ふと。

だけど、いざ、やってみようと思うとうまくいかない。

切り捨てたいもの、

自分が犠牲にならないことで傷つく人の顔が、嫌になるくらい鮮やかに浮かんできたりして。

もうすぐ24歳になるわたしは、積み上げてきたわたしらしさみたいなものを、

上手に切り離すことができなくて、四苦八苦しています。

今は、わたしにとって、向かい風の時期なんです。

ときどき、どこで間違えたんだろう。

なんでこうなったんだろう。

不思議だなっていう純粋な疑問も交えながら、

それでもやっぱり大半が辛いなって気持ちで、

今を見つめてしまうときがあります。

それは毎日やってくる気持ちではないから、

たぶん少し情緒不安定なんだと思う。

真面目にやってきたという自負があるから、

「それなのに」

その気持ちでいっぱいになる。

簡単にいえばうまくいかないとき。

突破口を見つけたくて、いろいろ試してみる。

それが、もういい人なんてやめる. そういう選択につながってもいるんだけど、

ああでもやっぱりうまくいかないや。

そんな感じ。

「幸せになりたいなぁ」

しみじみ、そんな簡単で単純な欲望が、心ににじんでいくのを感じます。

みんなが思っていることだろうけれど、

幸せになるには、何をどんなふうに払っていけばいいんだろうね。

性格悪くなるなんて、考えて行動に起こすことじゃないのかも。

自分が幸せになるために、だれかに不幸せを背負ってもらおうみたいな、

そんな考えじゃだめなんだ。

自分が幸せになるために、自分が、必死になって、どこか、なにか一点を

にらむくらいの強さで見つめて走る。

結果的に、

気を配る範囲が狭くなってるみたいな、そんなイメージなのかな。

少なくとも、

幸せを綱引きみたいに誰かと取り合うのは、なんだか違う気がして。

わたしはやっぱり、自分を自分で幸せに導きたい、と思います。

だから、性格悪いくらいが、幸せになれるよって意味を、

わたしは、

周りに鈍感になれるくらい自分に夢中になって、幸せを掴みにいけよって

そう解釈することにしました。

夢中になりたい、もっともっと。

がんばりたい、もっともっと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする