けっきょく、学ぶことが好きなのかもしれないという気づき。

簿記3級の試験が先日終わって、

結果待ちの日々のなか、

なんだか妙に空いた時間が目立ってきて、

ああ、わたし、簿記で毎日埋めてたんだなってふいに気づいていたりします。

簿記の勉強もして、ブログも書いて、

毎日の家事もこなして、、、

仕事はほとんど定時あがりだけれど、

それでも時間が少なく感じていました。

それが、簿記の時間がなくなって急にぽかーんってなるような、

なんか投げ出されたみたいな状態。

その状態に馴染めないでいると、

今度は逆にさみしさがやってきて、

勉強したいなぁと思い始めてきました。

ひとまず結果が出てから2級のテキストを買いに行こうと思っていたのに。

学生時代は、勉強で時間を埋めるって発想がまったくなかった気がします。

それは勉強しなかったってことじゃなく、

むしろ最初から埋まっていたから。

毎日が、勉強で。

自分で埋めようとしたわけではなかったんです。

でも、ばか真面目に、与えられたものはこなして、やりきって、

そういう日々を自然に送っていました。

でも学校を出てから、学ぶって、自分で選ぶことのできる行為なんだって初めて気づきました。

簿記を学ぼうと思ったのは、

新卒のコンビニ時代、伝票書くのが好きだったってことや、

唯一、厳しかった先輩が、伝票を書く正確さだけは褒めてくれたこととか、

いろんな要素があるんだけれど、

いちばんの理由は、転職活動のとき、とある面接で、

いま勉強していることとか、学んでいることがあれば教えてくださいって言われたこと。

そのとき、なんにもなかったんですよね。

ひとつも。

学生のとき、あんなに真面目に勉強してたのに。

働いて、帰って、食べて、寝て。

考えたら、勉強からすごく遠くなっていた。

なんにも学んでない。

そのことに急に気がついて、はっとした瞬間でした。

これじゃだめだ。

もともとあった(かどうか分かんないけれど)学びたい意欲に火が再びついたというか。

そんな感じでした。

学ぶことって、楽しさより、安心感を連れてきてくれることが多い気がします。

流れていく毎日をちょっとだけ引き止めて、

ちゃんとその時間を過ごしたなってそんな気持ちになれる。

高校時代、国語の先生が、何で学び続けるのかってことを説明してくれたことがあります。

その先生は、黒板にひとつの円を書きながら、

「ひとつ学ぶと、その外側に知らない世界を発見するでしょう?

そしたらそれを知りたくなってまた学ぶ。

(ひとつめの円の外側に一回り大きな円を書きながら、)

そして、こうやって学ぶと、知らないことが更に増えて、

学べば学ぶほど、知らない世界にぶつかるんだよ。

だから学び続けるんだよ」って、そう言っていました。

知らないことに出会ったら知りたくなる。

それって、なんかすごく純粋な動機で、いいなって思います。

勉強って、面倒だけど、やっぱり好きかもしれない。

正確にいうと、知ることって好きかもしれない。

今日を過ごしたなって感覚と、

知りたいって好奇心。

学ぶことはすごく大切なものをくれる気がする。

来年の目標は2級に受かること。

でもひそかに、1級までいってみたいとも思っていたり。

20代。

学校を卒業したって、

自分の可能性を信じて、自分で学んでいくべきときなんじゃないかなって、

そのために10代、強制的かもしれないけれど学んできたんじゃないかなって、

その姿勢を自力でひっぱりだしてくるときじゃないかなって

そんなふうなことを、ふと思ったのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする