【映画レビュー】祈りの幕が下りる時

映画、「祈りの幕が下りる時」を見てきました。

こういうサスペンス的な映画を見るのはかなり久しぶり。

じゃあなぜ見ようと思ったかというと、

一緒に見る相手が異性だったので恋愛的要素のある映画は避けたかったんですよね笑

今作は阿部寛主演・東野圭吾原作の「新参者」シリーズの完結編。

ドラマから始まり、映画化もすでに行われているようで。

人気作なのが伺われます。

わたしは新参者を一瞬も見たことがなかったのですが、

物語にはすんなり入っていけました。

溝端くんと阿部さんの関係は何なんだろう?的な疑問はあったのですが、

ちゃんと途中で説明してくれるし、

ドラマを見てないと分からない作りではなかったです。

前半は登場人物がいっぱい出てきます。

正直頭の中が混乱。

ただ、主人公が刑事なので、

会議室で登場人物の関係を整理するシーンが多々あり、

観ている側もそこで整理できます。

早い段階で、松嶋菜々子演じる演出家が今回の殺人事件の鍵になることは分かるのですが、

そこを突き止めていく中で、松嶋菜々子の過去、

ひいては阿部寛演じる加賀恭一郎の過去も明らかになっていきます

(もしかしたらドラマ観ていた人はすでに知っていることなのかも?)。

サスペンスなんだけれど、

それ以上に「親子愛」をテーマにしたような作品で、

まさに今回の殺人事件は悲劇。

最後、この殺人事件の犯人が捕まるところで

物語は文字通り幕を下ろすのですが、

同時に悲劇にも幕が下りる。

捕まるって、犯人にとっては決していいことじゃないはずなんだけれど、

捕まることで、ようやく犯人にとっての悲劇も終わるんですよね。

どうしようもない

仕方がない

で、人を殺して良いはずはないんだけれど、

でももし自分が同じ境遇だったら…と考えたら、

それ以外の方法で、

どうやって乗り越えればいいんだろうと考えずにはいられないような状況で…。

悲劇って、こうやって物語として、

フィクションとして前にあるかぎりは

惹き込まれるような強い力を持った作品になるけれど、

実際に自分の身に起こったら飲み込まれてしまうよな…、と不安にもなりました。

そして、親子の愛についてもすごく深いものを感じました。

わたしはまだ子の立場しか経験したことがなくて、

だれかのために自分を捨てるなんて考えられない。

親になったらそんなことができるようになっちゃうんだと思うとこれまた恐ろしかったり。

題名の「祈り」って部分には、なんとなく苦しいくらいの愛みたいなものを感じる気がして、

それは血のつながっている親子って部分から来ているような気がしました。

なんだか「祈る」って日本人には少し縁遠い行動?言葉?のような感覚がありませんか??

でも、親が子に、っていうのを考えるとなんだかしっくりくる気がするんですよね。

わたしだけかもしれないけれど。

ただのサスペンスでは終わらない映画。

これわざわざ映画にする?って作品も多い中で、

この作品はスクリーンで見る価値があると思いました。

おすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする