意味があるかないかなんて

こないだ「やぎぺーさん」という、有名ブロガーさんのブログに

「いらないものリスト」

という記事を発見しました。

ちなみにわたしは、この方のブログを見ながら、

このブログを設立したので、

やぎぺーさんにはすごくお世話になっています。

(会ったことないけど笑)

やぎぺーさんのいらないものリスト。

どんなものが書いてあるんだろう。

わくわくして読んでいると、

ひとつの項目に目がとまりました。

それは、

「資格」

です。

そして、そこにはこんな言葉が。

他の誰かと一緒のことを示すための機能である”資格”はいらない。

資格なんかに振り回されていると人生無駄にする。

資格が与えてくれるのは他者から認めてもらっているという安心感だけ。

ちなみに今、

わたしの一番身近な目標は

簿記3級の資格をとることだったりします。笑

読んでいて考えました。

わたしは安心感がほしくて資格をとりたいのかなーと。

考えてみたら、答えは意外にも簡単で、

わたしは学んだことの証明として、

そして、

相手から見たときの自分の評価をより分かりやすくするために、

資格をとりたいんだって改めて気づきました。

簿記を学び、

学んだことを「資格」をとることで証明して、

経理の仕事がしてみたい。

明確な目標がそこにはあるんです。

だから、その記事を読んでも、資格をとることをやめようとは全く思いませんでした。

わたしは、誰かの評価軸で、自分の行動を曲げることが嫌いです。

気も小さくて、

へこへこしていて、

いつも戦うことからは身を引いていてばかりだけれど、

そこは譲れない。

あまのじゃくなのかなぁって思うほどです。

大学4年のとき、広告会社を目指してOB訪問をしたときにも、

コピーを学ぶ講座とかってどうなんですかね?

と聞いたわたしに、

そのOBが

「意味ない意味ない」

と完全否定。

それでも、数ヶ月後、わたしはコピーライター養成講座を受けていました笑

何かを始めたいなって思った気持ち

何かに対してもっと知りたいって思った気持ち

学びたいという欲求。

そんな、いろいろを、他人のひと言で失うべきではないとわたしは思うんです。

べつにそれが間違っていてもいなくても。

意味があるかないかなんてことは、自分で決めなくてはいけない。

誰かに決められたくなんてない。

わたしはそう思っています。

あのひとに「そんなの意味ない」って言われたからやらなかった、

なんてつまらないじゃないですか。

だからわたしは今日も、簿記の勉強をします。

意味があるかないかなんてそれはまだ分かりません。

でも、わたしは、「わたし」がやりたいからやる。

ただそれだけです。

そしてわたしは、誰かに夢や目標を打ち明けられたら、

それが小さなことでも大きなことでも、

やってみたら、と言うようにしています。

だってその人の「気持ち」で動いてほしいから。

そこにわたしのつまんない推測なんていらないんです。

まあ、やめとけーも、

やってみろーも、

全部無責任であることには変わりないですけれど笑

たぶんきっと、自分で決めること、

それが一番大事なような、そんな気がしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする