Facebookをやらない理由。

wordpressでブログをやって、

考えた事なんかをこうやって発信していると

SNSに強そうって思われるかもしれませんが

わたしはfacebookもtwitterもやってません。

……というかやったことすらないという。

わたしが学生のころ、とくにtwitterは全盛期だったので

珍しい人種でした。

なぜやらないのか、

それは

空白の時間がある方がおもしろいんじゃないかなって思うからです。

もっと分かりやすくいうと、

「久しぶり」っていう、

知っているのに知らなくなっている感覚というか、

その未知なかんじ、

わくわく感、

そういうのが好きだから。

近況がわかってしまうとつまらないなって思っちゃうんです。

久しぶりに会う人には「ちゃんと」、久しぶりに会いたい。

余白がある面白さっていうのかな。

それは、期待を高める分、期待したほどじゃなかったっていう

がっかり感を生む可能性もありますが。

facebookなんてやんないとかいいつつ、

ときどき友人の名前をネットで検索してみたりなんかします。

facebookは登録していないので見れないのですが、

何かの団体に所属していたりすると、

そのHPや広報誌みたいなのに彼らの名前やコメントを見つけたりすることがあったりして。

あ〜、いまこんなことやってるんだ。

がんばってるんだな。

夢を追っているんだな。

そういう気持ちにさせてくれます。

先日、なぜかふいに昔好きだった人の名前を検索したときのこと。

彼がとある勉強会に参加していることが発覚し、

目標に向かって努力している最中だということを知りました。

たぶんもう2度と会う事はない人だと思うのですが、

それでもそのことを知ったとき、

わたしもがんばらなきゃとすごく思いました。

昔好きだったけれど、自信がなくて失ってしまった恋がある人なら、

きっと誰もが「もし次会う事があったら胸をはって会える自分でいたい」

そういう気持ちがあると思います。

まさにそんな気持ちがぐっと沸いてきて。

この空白の時間を、

大変だったけれど、苦しいこともあったけれど、

でもこうやってがんばって乗り越えて、

いま、こんな自分でいるよってそう伝えたいなと。

それは見返すというような負けん気とはちょっとちがいます。

もっと穏やかな気持ち。

社会人になってから上京すると周りに友だちも少なくて孤軍奮闘する時期もあると思います。

わたしは今まさにそんな状況かも。

でも、この空白の時間を聞かせるときがいつか必ずくる。

そのときにキラキラ輝いていたいなぁと、

そして、そうなるために今がんばらねばと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かなえ より:

    はじめまして、東京で働く社会人1年目のものです。志谷啓太さんについて検索していて、たどり着きました。私も就活がうまくいかなかったこともあって、希望ではない会社に勤めていて、転職を考えたり、最近恋愛アプリを始めたり、となんだか共通点が多く感じられて、嬉しくてコメントしてしまいました。笑 迷いながらきちんと進んでる姿が素敵だと思いました。また読ませていただきます。

    • mrchildren11 より:

      はじめまして、コメントありがとうございます。
      コメントいただくのが初めてだったのでうれしいやら恥ずかしいやら…笑
      最近更新が滞っていましたがまた更新していきますのでどうぞよろしくお願いします!!