恋愛できない24歳OLの思うこと。/ハードルを下げること自体が難題/

わたしの友だちは年上が多いのですが、

最近どんどん周りの友だちに恋人ができて、

身を固める準備をしだしている気がします。

年齢的にも、これが最後の恋人かなっていうのがあるんだと思う。

20代も後半になってくると。

話していると、結婚って言葉をみんな意識してる。

恋人がいないわたしでさえ思うのだから

当たり前といえば当たり前ですよね。

最近本屋さんで雑誌を立ち読みしていたら、

「なかなか恋愛できません」みたいな悩みを特集していて。

それはまさに自分の状態で、

どうしたらいいんですかって感じで前のめりに読んでしまいました。

で、書いてあったのは自分で範囲を決めるなっていう、

よくあるアドバイス。

うーん。

それはわかってるけど…

なんだか、腑に落ちないというか。

こんなのはムリ。っていうそのハードルを下げることは、たしかに大事だと思う。

でも、そのハードルの下げ具合が難しいんだよなっていう。

誘われたらどんな人でも一回は乗ってみる。

そういうふうに行動を変えてはみたけれど、

でも結局気持ちは2回目に続いていかないんです。

いくらハードルを下げても、最後には自分の中にある何かを

渡ってきてほしいと思っているのかも。

とても図々しいですが・笑

きっとそういう気持ちって、相手にも少なからず伝わってしまっているんだろうなぁ。

みんな妥協してるのかなって、幸せそうな人たちを見ながら、

その奥にある見えない気持ちを推し量ろうとしている自分に出会ってしまったり。

とりあえず始めてみるべきなのか

もっと探してみるべきなのか

結局迷子のまんま、方向を見失っているかんじなのです。

たぶん、ハードルを下げるとか、そんな概念のいらない人に出会いたいというのが本音なんだと思います。

でも、なかなかそんな恋愛にたどりつけない。

そして、どこか心のすみっこで、

たどり着きたいけれどたどり着きたくないとも思っている。

ハードルを下げた相手なら、自然な自分で会える。

だって好きじゃないから、そんなによく見られたいとも思わないし…。

でも、ただ純粋に好きだと思ってしまったら、

そんなに自然にはいられない。

そういう自分になってしまって、そうして抜けられなくなって、

好きだけれど受け入れてもらえないかもしれないという怖さに向き合うのが怖いんだと思います。

だったらそんなに好きじゃない人、ハードルを下げたうえでの付き合いがいいなって気持ちになって…。

でも結局好きになりたい気持ちも捨てられないまま。

どっちつかずなんですよね。

みんな両方を叶えているのかなってときどき思うけれど。

友だちに27歳の女性がいて、

3年付き合った人と別れるかどうか迷っているみたいなんですね。

で、彼女が、

「いまさらだけれど、当たり前だけど、1人に決めるってすごく難しいよね」

って言っていて。

すごくすごーく共感してしまいました。

そういうことなんだと思う。

いくら窓口を広くしたって、

最後に残るのは1人だけ。

だったらやっぱり、そばにいることに何の疑問も違和感ももたずにいられる人がいいな

って贅沢かもしれないけれど思ってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする