年収300万→200万台になったことで削ったもの/一人暮らし上京OL/

1月、予定を詰めてしまったせいでなかなか更新できなくなっていました。

更新しなくなるとPV数も確実に落ちますね…。

さて、1月は飲み会やらセールやら、お財布の紐がゆるむ要素ばかりです><

そんなわけで戒めの意味もこめ、

200万円台の年収でやりくるするためにわたしが節約している箇所をまとめてみました。

最初に…300万→200万円台に年収が落ちた経緯。

プロフィールを読んでいただくと分かるのですが、

ざっくり説明すると、総合職から事務・一般職に転職したからです。

総合職といっても、コンビニの会社だったので入社してからは店舗勤務をしていました。

その会社では店舗勤務後、営業職になるのですが、

営業をしたいと思うことができず退職するに至り、

事務経験がなかったため条件面では妥協するしか仕事がない!という感じで、

いまの会社に入社した形です。

コンビニの会社では残業時間は長かったし、

体力面でもしんどいところは多々あったのですが、

福利厚生はけっこうよくて、なにせ疲れて休日も外に出る元気がなかったので

貯金はけっこうできました。

節約項目① 美容費

女性はけっこう美容関係の出費って多くなりがちですよね…。

年収300万円台あったときは、

■スキンケア

□化粧水→2,3000円台のもの

□乳液→2000円台のもの

+ときたまデパート買い

■コスメ

□下地→1000円台のもの

□フェイスパウダー→2,3000円台のもの

+ポイントメークをときたまデパート買い

という感じでした。

200万円台になってからは、

■スキンケア

化粧水→2,3000円台のもの

→無印の化粧水1000円以下/月

□乳液→2000円台のもの

→維持。

+ときたまデパート買い

→完全CUT

■コスメ

□下地→1000円台のもの

□フェイスパウダー→2,3000円台のもの

→無印の1000くらいのもの

+ポイントメークをときたまデパート買い

こんな感じで、

スキンケア・メイク品にかけるお金はなるべく5000円以内/月におさめています。

今でも、コスパのいいコンシーラーとかチークは、デパートコスメを使っているのですが、

なくなって買い足すときはけっこうな出費です><

でもすべてCUTしていると気分もさがってばかりになるので、

メリハリをつけることが大事かなと思っています。

節約項目② 食費

衣食住にお金がかかるのは当然ですが、

使っている部分だからこそ減らせるものも多いはず。

200万円台になってからは、会社にお弁当を持っていくようにしています。

コンビニ行くより経済的だし健康にもいいかなと

(コンビニに勤めてたわたしがいうべきではないですが)。

あとカフェにいく回数も減らしました。

以前はとりあえずスタバ休憩とかもしていましたが、

いまは、週1回行くか行かないかくらいです。

基本的に、ひとりでごはんを食べるときはなるべく自炊で、

外食はだれかと楽しく♪がモットーです。

ただ、わたしは料理がけっこう好きで、自炊はそんなに苦ではないです。

だからこそお弁当生活も続けられているのかなーと思います。

あと、「食」に関することでいうと飲み会代ってばかにならないですよね…。

一回3000円くらいするし、

お誘いをいただけるのは嬉しいですが、

誘われたものにぜんぶ行ってると回らなくなってしまいます。

なので行く価値があるかとか、ちゃんと考えることも必要かな〜と。

新しい人と出会える場だったり、

コミュニケーションがちゃんとはかれるような場だったりするなら行くし、

そうじゃないならパス、というふうに基準を持つことも大事だと思います。

節約項目③ 交通費

とにかく定期をフル活用するように心がけています。

そのせいか、この駅とこの駅の間は歩ける区間だなとか、

そんなことにくわしくなりました。

いま、神奈川に住んでいるのですが、会社が東京で、

定期も東京方面行きなので、

ほとんど神奈川で買い物したことがなく…。

定期区間に好きな街があるとタダで行けて良いですよね。

さいごに…まとめ。

こんなかんじで年収200万円台ですがどうにかこうにか1人暮らししています。

いま、わたしは24歳なのですが、

今後、

□年収500万円

□残業20時間/月

□土日休み

になるのが目標です。

現状でどうするかを考えつつも、

現状を変えていく努力もしなくてはと思っています。

なにもしなければこのままですし…><

また、こちらに一ヵ月の内訳をまとめているので、

よかったらこの記事も読んでみてください!

「年収200万円台、OLの家計簿

それではまた〜。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする