【映画レビュー】「一度でいいから勝ってみたかった」/100円の恋

「一度でいいから勝ってみたかった」

その気持ち、痛いくらいわかる。

主人公の一子(安藤サクラ)は、長年、実家でひきこもり。

32歳にして職なし、男なし。

そして処女にして喪女。

からだもブヨブヨで、

髪もボサボサ。

ダメダメな毎日のなか、あることがきっかけで家出し、一人暮らしをすることに。

そして100均のコンビニで深夜バイトを始める。

バイトする傍ら、近くのボクシングジムでトレーニングをするボクサー(新井浩太)に恋をし、

つきあうもののすぐさま浮気され捨てられて・・・。

一子はそこからなぜかボクシングを始め、プロを目指すというストーリー。

前半、自分の生き方みたいな、ポリシーも方針もなんにもなくダラダラ生きている一子が、

後半、何かに目覚めるかのようにボクシングに打ち込み、リズミカルにステップを踏みながらトレーニングをする姿は見ていて清々しかった。

恋をしたり、失恋したり、いろんな経験が一気にふってくるのに、

けっきょく、一番一子が変わっていくのは、自分で始めたボクシングってところが、なんだか

本質を突いているような、そんな気がして。

誰かも、何かも、自分を変えてなんてくれない。

変えてくれるのは自分しかない。

分かっているけれど、周りのいろんなものたちにすがりたくなるもんね。。。

最後、一子は運良くデビューできるのだけれど、全く太刀打ちできずボロボロになって敗戦。

試合中、妹の

「立てよ、負け犬!!」

「一回くらい、当ててみなさいよ!!」

って言葉は、一子を越えてわたし自身に届いた。

一子はたしかに完敗する。

でも最後に、一発だけ、左だけ当てることができて。。。

(それでも相手にとってはそんなに大きなダメージにならなかったんだけれど)

試合の後、コーチがほら見ろ、ボクシングは甘くないだろうって言うんだけど、

ぽろっと、「でもああいう試合嫌いじゃないけどな」とこぼすのね。

なんだかそのとき、そういう言葉をかけてくれる人が、負けた瞬間にいてくれるって

すごく幸せなことだよなって思った。

一子が試合を終えて、会場をでると元カレが待っていて、

一子は泣きながら、

「一度でいいから勝ってみたかった」って言う。

負け続けてる。いろんなこと。

そんなことくらい、一子が一番わかっていて、ほんとは勝ちたいって思ってることが、

その言葉から表情から涙から溢れていて、わたしもすごく、苦しくなった。

がんばったから勝てるとか、そんな甘くなくて、

人生って、勝負ばかりで、勝った、負けたで、●×つけられ続けるけれど、

でもやっぱりその間に、なにがあったかなんだと思う。

一子が走り込みまくった日々とか、

トレーニングに打ち込みまくった日々とか、

輝いていたもん。

お父さんとの食事のシーンで、「お前、なんか変わったな」って言われるところも、すごく良かった。

一子って不器用なんだよね、

たぶん自分の変化にいちばん自分が気づいてなくて。

だけど、成長する自分に酔ってない感じ、気づけない感じ、そこもなんか良かった。

ずいぶん前に、

落ちていく中でも幸せはあるって、

そんな言葉に出会ったけれど、

そういうことを、この映画をみて「わかった」気がする。

なんかわけもなく走り出したくなる映画。

最後、元カレに手をひかれていく一子が、幸せになっていくのかなんて分かんないし、

どちらかというとそのまま萎んでいきそうだけれど、

なにかに打ち込む、がんばる、がむしゃらになる、

そのときの輝きと、清々しさと、美しさみたいなものを

はっと思い出させてくれた。

人間ってすごい。

がんばれば、顔つきも目つきも変わっていくんだもん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする